日本にふれる、呈茶プラン。

伝統と品格、格式と心づかい、美学の境地に迫る味覚。 これら全てが整った「おもてなし」を受けたことはありますでしょうか? 呈茶とは、豊臣秀吉と千利休の手によってプロデュースされた、北野大茶会からはじまった400年以上の古い歴史を持つ、日本随一のもてなし文化。 「大寄せの茶会」とも呼ばれ、大人数のイベントや視察の寄り道イベントなどとしてもお使い頂けます。

日本の精神文化と言えば、武士道とおもてなし。 その「もてなし文化」は千利休が作りだした茶事、すなわち茶道によって生み出されました。 茶道は江戸時代には多くの大名や豪商達、明治以降には財閥のトップや政治家達など、その時代の富と権力の絶頂にいる人々によって成長し、現代の「おもてなし」を支える精神と礼儀作法の根本となりました。


茶人が催す亭茶席の流れ

席入り、菓子、薄茶作法講座

席入りしていただいて間もなく、主菓子をご用意申し上げます。 主菓子は本来、濃茶を召し上がっていただく前に、お腹の具合を軽く調整していただくためのものです。 しかし薄茶席のみの場合だからといって主菓子を外すと、それはそれで楽しみが削がれてしまいます。 そこで当社中では、季節感を大切にした生菓子をご用意し、次に用意されている薄茶をより一層楽しんでいただく事を大切にしております。

美味しいお菓子を召し上がっていただきながら、その後、薄茶作法について簡単にご説明申し上げます。

薄茶点前

一般的に「お抹茶」と呼ばれる薄茶。 お抹茶と言えば「苦い」と言うのが一般論ですが、実は抹茶は「甘い」ものなのです。 濃茶の後にいただく薄茶は、濃茶で深く味わった喉を清涼感で一杯にしつつ、それでいて香り高く、美味しく喉を潤します。

茶事を締めくくるのに最も相応しい薄茶こそ、茶の究極の姿であり、茶の奥義でもございます。 極めて厳粛な濃茶席に対して、薄茶席は明るくフランクな雰囲気で楽しんでいただくことが出来ます。

席の入れ替え、お見送り

薄茶点前が済みましたら、道具の拝見をして頂けます。 趣向を凝らした道具組を存分に楽しんで頂き、その後茶室より退出して頂き、お待ちのお客様との交代となります。

およそ40分弱のお茶席で、茶を味わう楽しみだけでなく、素晴らしい体験と思い出を作って下さい。


例えばこんな時に

  • 展示会・見本市などの添え釜として
  • 100名を超える大人数旅行の観光プランの一角として
  • 冠婚葬祭における添え釜として (おめでた事、忌み事などそれぞれに適した道具をご用意申し上げます)
  • 日本文化紹介のコンテンツとして

呈茶開催までの流れ


料金

人数 200名様まで
目安 1席およそ40分
見積 ¥675,000(税込)

お問合せ

[contact-form-7 404 "Not Found"]
PAGE TOP