茶の力で世界を貫く

茶人について

  • HOME »
  • 茶人について

茶人についてヘッダ

茶人(ちゃびと)とは、茶を通じて人をもてなすプロフェッショナル。

通常の茶人(ちゃじん)は、茶の世界の中で何十年にも渡る経験や哲学を通じ、茶の世界の人同士でもてなしあいます。 つまり、亭主と客がお互いにもてなし合う、究極の「茶道」を追求する人々を、茶人(ちゃじん)と呼ぶのです。

茶人(ちゃじん)の皆様が開催される一般的なお茶会体験の大半は、お茶の「作法」を勉強したり、もしくは体験することで茶道の弟子を増やす目的で開催されます。 時には「思い出づくり」の一環として開催されることもあります。

_MG_5427でも、それは「体験」にしか過ぎず、一生ものの「経験」になることはない、と考えております。 だからこそ、茶人(ちゃびと)である私は、「一生物の経験」としての“茶のもてなし”をお客様に提供致しております。 言葉を変えるならば、茶人(ちゃびと)のお茶会は「誰でも受け入れOKな本物の茶会」なのです。

もちろん、茶を体験した事が無い方からすれば、正座や作法の心配はあるでしょう。 しかしながら、茶人(ちゃびと)のお茶会にそういった心配は全く無用です。 ただ、お客様同士で少しずつ譲り合う心をお持ち頂けていれば、それだけで十分でございます。

茶は今を去ることおよそ430年前、千利休によって完成されました。  時の太閤、豊臣秀吉は千利休が完成させた茶を持って、当時の富裕層だった多くの大名達をもてなすことで大名を懐柔し、自分の味方に引き込みました。

茶は元々、超富裕層の心を交えるためのメディアであり、贅の極みを知る彼らの心を動かすほどの力をもったエンターテイメントでもありました。 「もてなし」の文化とはそもそも、大名同士や富裕層同士が茶を通じて仲良くなることで発展してきたものです。

2013年9月、東京オリンピック招致活動で「お・も・て・な・し」と言う言葉が世間を賑わしました。

しかし、本物の「もてなし」を多くの人は知りません。

茶人(ちゃびと)は、そんな世の中に“本物のもてなし”を広めるために活動しております。

TEL 0797-25-2052 10:00-20:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

接客は利休に学べ 公式サイト

弊社代表著、「接客は利休に学べ」の公式サイト。 接客サービスに携わる人のみならず、製造業や通信販売業、著名コンサルタントなど様々な方面から、極めて高い評価を受ける一冊。

接客維心

接客教育から管理者教育まで。 茶人の経営する人材教育企業サイト。 本物の「おもてなし遺伝子」を御社にも。
PAGETOP
Copyright © 茶人CHABITO All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.