茶の力で世界を貫く

懐石茶事

懐石茶事ヘッダ


おもてなしの源流、茶事

伝統と品格、格式と心づかい、美学の境地に迫る味覚。 これら全てが整った「おもてなし」を受けたことはありますでしょうか? 茶事とは、千利休に始まり400年以上の古い歴史を持つ、名実共に最高のもてなし文化。 ひとたび参加すれば、それは単なる「体験」「思い出」ではなく、一生ものの【経験】になります。

日本の精神文化と言えば、武士道とおもてなし。 その「もてなし文化」は千利休が作りだした茶事、すなわち茶道によって生み出されました。 茶道は江戸時代には多くの大名や豪商達、明治以降には財閥のトップや政治家達など、その時代の富と権力の絶頂にいる人々によって成長し、現代の「おもてなし」を支える精神と礼儀作法の根本となりました。

裏千家DVD 茶の湯 茶事偏 ~正午の茶事・炉~より

茶人が催す茶事(炉)の流れ

お出迎え、蹲踞、席入り

茶事はお客様のお出迎えより始まります。 蹲踞で手と口を清めていただき、いよいよ席入り。 その後、懐石を召し上がっていただく時の作法を簡単に説明致します。

初炭点前

炭点前01茶事と言うエンターテイメントの口火を切るのは、初炭点前。 炭点前とは文字通り、炭をつぐ作法を点前として構成したもの。 炭を美しい所作と共に、的確に次いでいくことで、釜に入った水が時間を掛けて、徐々に沸騰していきます。

湯が沸くまでの間にお客様には懐石料理を召し上がって頂きますが、徐々に沸き立つ湯がシュンシュンと音を立て、それは得も言われぬ風情をかもし出します。
炭点前02そのシュンシュンとした音を、茶の世界では「松風(まつかぜ)」と呼んでおり、茶のもてなしの醍醐味の一つでも御座います。

ちなみに風炉の季節になると、懐石が先にはじまり、その締めくくりとして初炭点前が披露されます。 写真は炉の炭点前です。

本当の懐石料理

懐石02和を最も感じられる料理・・・ 季節を愛し、それぞれの季節にあった様々な一品料理で構成された、一汁三菜と言う日本ならではの料理に対
する哲学を具現化したもの、それが懐石料理です。 懐石料理はもともと、茶の湯の世界から生まれた、茶を存分に楽しむためのお料理のスタイルを指します。

がっつく事なく、少しずつ味わいながらいただく懐石料理は、ただ「美味い」だけではありません。 口の中に広がる味わい、心にスっと沁み入る香り、食欲を満たすために計算しつくされた歯ごたえ・・・何もかもが、ただ「茶を味わう」ための準備段階として用意されています。懐石04

懐石を締めくくるのが、生菓子。 季節感を大切にした生菓子は口の中いっぱいに、さっぱりとした甘さが広がり、次に用意されている濃茶への期待をより一層引き立ててくれます。

【懐石の献立(3月後半の例)】

向付 : 鯛刺身
汁物 : 長芋の花型抜き
煮物碗 : 蛤の真蒸
焼物鉢 : さわら
和え物 : 春菊、つくしの胡麻和え
八寸 : (山)アスパラの塩漬け煮浸し
八寸 : (海)雲丹の磯辺巻
小吸 : 鯛の皮の素焼き角切り
香物 : 沢庵、ほか二種懐石03

中立、休憩、濃茶作法講座、蹲踞

中立01 お菓子を召し上がって頂いたら、一旦席を出て待合に戻り、休憩時間となります。 その間にお手洗いなどお済ませ、足を休めて頂きます。 また、濃茶の作法を簡単にご説明申し上げます。

席の準備が整いましたら、銅鑼をならしてお知らせ致します。 この銅鑼の音は、それまで柔らかかった空気を一気に引き締め、茶事の本番である濃茶点前の荘厳な雰囲気を予想させます。

濃茶点前

濃茶席01あなたは濃茶を味わったことがあるでしょうか。 濃茶とは、いわゆる「お抹茶」と呼ばれる薄茶とは全く異なり、文字通り色も味わいも極めて濃い、そして深いお抹茶です。 日本の茶道はこの「濃茶」をメインに構成されており、この濃茶を味わわない限り、抹茶を飲んだ味わったうちには入りません。

薄茶は「たてる」と申しますが、濃茶は「練る」と申します。 それほど濃いお茶なのですが、これを「美味しく練る」のには相当な修練が必要となります。 茶の道に修道して、少なくとも5年~10年は修行を積まなくては、美味しい濃茶を練るのは極めて難しいこと濃茶席03。 しかし、懐石料理でお腹の具合を整えた後に美味しく練られた濃茶を口に運べば、思わず言葉を失ってしまうほど甘く、香り高く、そして豊かな味わいが、口の中いっぱいに広がります。

席中は薄暗く、障子や欄間より差し込む自然光のみで全ての手続きが進んで参ります。 その厳粛な雰囲気は、口の中に含まれる濃茶の味を最大限に引き立てることができ、濃茶こそ真の喫茶法であることを証明してくれます。

後炭、休憩

炭点前のうち、最初に炭を次ぐ作法は初炭点前。 懐石などの時間を経て燃え尽きかける炭に、新しい炭を次ぐ作法を後炭点前と呼びます。 ここからはお客様にリラックスしていただくため、後炭点前をご覧頂きましたら休憩時間を少々ご用意致しております。 その間に足を休めて頂き、茶事の締めくくりである薄茶点前の楽しさを思い描いて頂けます。 また、薄茶作法について簡単にご説明申し上げます。

薄茶点前

薄茶席0一般的に「お抹茶」と呼ばれる薄茶。 お抹茶と言えば「苦い」と言うのが一般論ですが、実は抹茶は「甘い」ものなのです。 濃茶の後にいただく薄茶は、濃茶で深く味わった喉を清涼感で一杯にしつつ、それでいて香り高く、美味しく喉を潤します。

茶事を締めくくるのに最も相応しい薄茶こそ、茶の究極の姿であり、茶の奥義でもございます。 この薄茶点前で茶事は終了となりますが、極めて厳粛だった濃茶席に対して、薄茶席は明るくフランクな雰囲気で楽しんでいただくことが出来ます。薄茶席02

お見送り

薄茶点前が済めば、これにて茶事の流れは全て終了したことになります。 お客様は順に茶室から退出して頂き、亭主はお客様を茶道口にてお見送り申し上げます。

お出迎えに始まり、お見送りまでおよそ4時間弱。 単なる「体験」ではなく、人生の経験。 是非茶事を体験して、一生の思い出を作って下さいませ。


茶事開催までの流れ


 

お問合せ

お名前 (必須)
漢字
ふりがな

メールアドレス (必須、半角英数)

電話番号(必須)

茶会の種類(複数選択可)

いつ頃の開催をご希望ですか?

どのような目的でご開催ですか?

どの地域での開催をご希望ですか?

その他ご希望など

TEL 0797-25-2052 10:00-20:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

接客は利休に学べ 公式サイト

弊社代表著、「接客は利休に学べ」の公式サイト。 接客サービスに携わる人のみならず、製造業や通信販売業、著名コンサルタントなど様々な方面から、極めて高い評価を受ける一冊。

接客維心

接客教育から管理者教育まで。 茶人の経営する人材教育企業サイト。 本物の「おもてなし遺伝子」を御社にも。
PAGETOP
Copyright © 茶人CHABITO All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.