もてなしの源流、茶事

伝統と品格、格式と心づかい、美学の境地に迫る味覚。 これら全てが整った「おもてなし」を受けたことはありますでしょうか? 茶事とは、千利休に始まり400年以上の古い歴史を持つ、名実共に最高のもてなし文化。 ひとたび参加すれば、それは単なる「体験」「思い出」ではなく、一生ものの【経験】になります。

日本の精神文化と言えば、武士道とおもてなし。 その「もてなし文化」は千利休が作りだした茶事、すなわち茶道によって生み出されました。 茶道は江戸時代には多くの大名や豪商達、明治以降には財閥のトップや政治家達など、その時代の富と権力の絶頂にいる人々によって成長し、現代の「おもてなし」を支える精神と礼儀作法の根本となりました。

裏千家DVD 茶の湯 茶事偏 ~正午の茶事・炉~より

茶人が催す茶事(炉)の流れ

お出迎え、蹲踞、席入り

茶事はお客様のお出迎えより始まります。 蹲踞で手と口を清めていただき、いよいよ席入り。 その後、懐石を召し上がっていただく時の作法を簡単に説明致します。

初炭点前

茶事と言うエンターテイメントの口火を切るのは、初炭点前。炭点前とはその名の通り、炉の中に炭を足していく作業を点前として様式美化たものです。炭を美しい所作と共に、的確に次いでいくことで、釜に入った水がゆっくりと時間を掛けて、徐々に沸騰していきます。

湯が沸くまでの間にお客様には懐石料理を召し上がって頂きますが、徐々に沸き立つ湯がシュンシュンと音を立て、それは得も言われぬ風情をかもし出します。
そのシュンシュンとした音を、茶の世界では「松風(まつかぜ)」と呼んでおり、茶のもてなしの醍醐味の一つでも御座います。

ちなみに風炉の季節になると、懐石が先にはじまり、その締めくくりとして初炭点前が披露されます。 写真は炉の炭点前です。

懐石料理

和を最も感じられる料理・・・ 季節を愛し、それぞれの季節にあった様々な一品料理で構成された、一汁三菜と言う日本ならではの料理に対する哲学を具現化したもの、それが懐石料理です。懐石料理はもともと、茶の湯の世界から生まれた、茶を存分に楽しむためのお料理のスタイルを指します。

がっつく事なく、少しずつ味わいながらいただく懐石料理は、ただ「美味い」だけではありません。口の中に広がる味わい、心にスっと沁み入る香り、食欲を満たすために計算しつくされた歯ごたえ・・・何もかもが、ただ「茶を味わう」ための準備段階として用意されています。

弊社の懐石料理は基本的に以下のような構成になっています(10月の場合)。

四ツ碗 : 汁物(揚粟麩 木の芽 合わせ味噌仕立 落し辛子)、白飯一文字
向付 : 鮪、造り醤油、

煮物椀 : 茶布胡麻豆腐 柚子 松茸 青菜

飯器 : 白飯

焼物 : 明石鯛 西京焼き はじかみ

預け鉢 : 炊き合わせ(海老芋 車海老 茄子 隠元豆 南瓜)

強肴 : 酢の物(胡瓜 茗荷 菊花 水前寺 鮑 松茸 加減酢)

小吸 : 梅仕立 零余子

八寸 : 小判烏魚子 渋皮栗

湯桶・香物 : 茶漬け、漬物

懐石料理は12の品々から成り立っており、それをおよそ1時間半~2時間ほどかけてゆっくりお召し上がり頂く、和のフルコースです。佗茶の世界観を象徴するかの如くいずれも極めて薄味で作られており、和食の料理人を1000名集めても懐石料理を満足に調理できるのはわずか一人か二人いれば良いほう。それほどまでにハイレベルだからこそ、料理人の腕前が厳しく試されます。

水屋では亭主が一つ一つの味をチェックし、料理人に極めて厳しい指示を与えております。そこまでする料理屋は和洋中を通して存在しないことは請け合い、つまり茶懐石とはあらゆる料理の世界の頂点、最高峰であることに疑いの余地はありません。

点心

懐石料理をお弁当箱に入れて簡略化した、点心もございます。懐石茶事だと一品一品を亭主がお客様のお手元にお運び致しますためかなりの長時間を要しますが、点心茶事ですと3分の1ほどの時間でお食事を済ませて頂くことが出来ます。

せっかくの茶事だからゆっくり愉しみたいけど、そこまで時間をかけられないと言う方に大変お勧めの茶事スタイルです。

菓子

懐石を締めくくるのが、生菓子。 季節感を大切にした生菓子は口の中いっぱいに、さっぱりとした甘さが広がり、次に用意されている濃茶への期待をより一層引き立ててくれます。

懐石03

中立、休憩、濃茶作法講座、蹲踞

中立01 お菓子を召し上がって頂いたら、一旦席を出て待合に戻り、休憩時間となります。その間にお手洗いなどお済ませ、足を休めて頂きます。また、濃茶の作法を簡単にご説明申し上げます。

席の準備が整いましたら、銅鑼をならしてお知らせ致します。この銅鑼の音は、それまで柔らかかった空気を一気に引き締め、茶事の本番である濃茶点前の荘厳な雰囲気を予想させます。

濃茶点前

濃茶席01あなたは濃茶を味わったことがあるでしょうか。濃茶とは、いわゆる「お抹茶」と呼ばれる薄茶とは全く異なり、文字通り色も味わいも極めて濃い、そして深いお抹茶です。 日本の茶道はこの「濃茶」をメインに構成されており、この濃茶を味わわない限り、抹茶を飲んだ味わったうちには入りません。

濃茶席03薄茶は「たてる」と申しますが、濃茶は「練る」と申します。 それほど濃いお茶なのですが、これを「美味しく練る」のには相当な修練が必要となります。 茶の道に修道して、少なくとも5年~10年は修行を積まなくては、美味しい濃茶を練るのは極めて難しいこと。 しかし、懐石料理でお腹の具合を整えた後に美味しく練られた濃茶を口に運べば、思わず言葉を失ってしまうほど甘く、香り高く、そして豊かな味わいが、口の中いっぱいに広がります。

席中は薄暗く、障子や欄間より差し込む自然光のみで全ての手続きが進んで参ります。 その厳粛な雰囲気は、口の中に含まれる濃茶の味を最大限に引き立てることができ、濃茶こそ真の喫茶法であることを証明してくれます。

後炭、休憩

炭点前のうち、最初に炭を次ぐ作法は初炭点前。 懐石などの時間を経て燃え尽きかける炭に、新しい炭を次ぐ作法を後炭点前と呼びます。 ここからはお客様にリラックスしていただくため、後炭点前をご覧頂きましたら休憩時間を少々ご用意致しております。 その間に足を休めて頂き、茶事の締めくくりである薄茶点前の楽しさを思い描いて頂けます。 また、薄茶作法について簡単にご説明申し上げます。

薄茶点前

薄茶席0一般的に「お抹茶」と呼ばれる薄茶。 お抹茶と言えば「苦い」と言うのが一般論ですが、実は抹茶は「甘い」ものなのです。 濃茶の後にいただく薄茶は、濃茶で深く味わった喉を清涼感で一杯にしつつ、それでいて香り高く、美味しく喉を潤します。

茶事を締めくくるのに最も相応しい薄茶こそ、茶の究極の姿であり、茶の奥義でもございます。 この薄茶点前で茶事は終了となりますが、極めて厳粛だった濃茶席に対して、薄茶席は明るくフランクな雰囲気で楽しんでいただくことが出来ます。薄茶席02

お見送り

薄茶点前が済めば、これにて茶事の流れは全て終了したことになります。 お客様は順に茶室から退出して頂き、亭主はお客様を茶道口にてお見送り申し上げます。

お出迎えに始まり、お見送りまでおよそ5時間の単なる体験などとと言う安っぽい表現ではおさまりきらない、まさしく人生経験の一つ。 是非茶事を体験して、一生の思い出を作って下さい。



お茶会料金シミュレーション

様々なパターンの組み合わせはなんと128通り!
あなたのニーズに合ったお茶会を自分好みにカスタマイズしてみましょう!

基礎情報
茶室を選ぶ
茶道具プランを選ぶ
茶事・茶会の種類を選ぶ
計算結果

↓↓ この内容で申し込む ↓↓
もっと詳しく茶会をカスタマイズしたい場合、ページ一番下にありますコメント欄からご希望の内容をご相談下さい。
夜咄の茶事は京都・倚翠亭でのみ開催可能です。会場の都合上、神戸・神泉亭および神戸・尚志館では夜咄は開催出来ません。茶室をご用意頂く場合、会場側に夜咄が可能かご確認をお願い致します。
最大人数は8名です。スライダーを横に動かしてください。

京都・倚翠亭

京都は東山区、銀閣寺のすぐそばにある白沙村荘。日本画家、橋本関雪がみずから設計監修した邸宅で、個人所有で使用可能な茶室では世界最高峰と称してはばかりません。フランスのシラク元大統領のお気に入りの場所であり、天皇陛下の園遊会が計画されたことがあるほどの名庭園です。

茶室使用料:80,000円

神戸・神泉亭

神戸で1800年の歴史を誇る、日本でも有数の古い神社の一つにたたずむ茶室、神泉亭。大きな池のそばを通り外界と隔絶された茶室の中に入ると、よもやそこが神戸の中心地・三宮とは夢にも思えないほどの不思議な空気を味わうことができます。

茶室使用料:60,000円

神戸・尚志館

南北朝時代の英雄・楠木正成公を祀る湊川神社の一番奥に、ひっそりとたたずむ茶室・尚志館。少人数(~4名)対応の小間もあり、茶事・茶会ともに非常に集中して楽しみやすい環境です。

茶室使用料:50,000円

茶室を自分で用意する

ご自身で選んだお好みの茶室、もしくはご自身が所有されている茶室。茶事・茶会を開催するにあたり、初回は必ず下見をさせて頂きます(下見料を別途10,000円を申し受けます)。
その他の場合、ページ一番下にありますコメント欄からご希望の内容をご相談下さい。

アンティーク茶道具プラン

何世代にもわたって今に伝えられてきた美術館・博物館クラスのアンティーク茶道具を用い、お客様をおもてなし差し上げます。大切なお客様をもてなしたり一生涯の思い出作りをしたりするのにベストな選択。

茶道具使用料 お一人あたり:30,000円

ヴィンテージ茶道具プラン

ここ100年以内に作られたものとはいえ、極めて価値の高い一品物の茶道具でお客様をお迎えします。せっかく茶会を楽しむならちょっとは良い茶道具を、と思われる方におすすめ。

茶道具使用料 お一人あたり:17,000円

季節の茶道具プラン

季節ごとの楽しみを引き出す茶道具の組み合わせ。四季折々の茶道具でおもてなし申し上げます。

茶道具使用料 お一人あたり:5,000円

お手持ちの茶道具

茶道の心得があり、茶事・茶会に必要な茶道具を全てお持ちの方専用のオプション。当方から茶道具はお持ち致しませんので、ご用意をお願い致します。
その他の場合、ページ一番下にありますコメント欄からご希望の内容をご相談下さい。

最高級の懐石茶事

日本の伝統的なフルコース、最上級。豊臣秀吉や徳川歴代将軍らが舌鼓を打った穏やかで繊細な味付けは、その技を粛々と伝える職人気質の料理人にしか出来ません。最高級和食の代名詞、懐石料理をどうぞ。炭点前・懐石・濃茶席・薄茶席でおよそ4時間~5時間程度。

懐石料理 お一人あたり:30,000円

季節が薫る点心茶事

点心とは懐石を簡略化した、いわば「懐石弁当」。京料理の神髄を一つのお弁当箱にぎゅっと詰め込み、豊かな時間をお過ごし下さい。炭点前・点心・濃茶席・薄茶席でおよそ3時間半~4時間程度。

点心 お一人あたり:15,000円

季節の八寸

お客様の目の前で亭主が季節の八寸を、七輪を使って焼き上げます。美味しいお酒を楽しみながらどうぞ。炭点前・八寸・濃茶席・薄茶席でおよそ3時間程度。

季節の八寸 お一人あたり:6,000円

濃茶点前・薄茶点前

お食事など不要の方はこちらをお選び下さい。濃茶席・薄茶席でおよそ2時間~2時間半程度、炭点前はありません。

追加料金なし

その他の場合、ページ一番下にありますコメント欄からご希望の内容をご相談下さい。
 
開催希望日(最低三つは候補をお願いします)
お名前
連絡先
security code
送信

PAGE TOP